’17~’19GIXXER150【2BK-NG4BG】用WR’Sバトルステップ開発しました。

最近150cc以下クラスの車両が非常に熱いです。

当社でも、WR’Sブランドから「GSX-R150」「GSX-S150」「GSX-R125」「グロム」等のマフラーのラインナップがありますがおかげ様でご好評を頂いております。

そこで、WR’S BATTLE STEPシリーズに【GIXXER150】用を新しく開発しました。WR’S BATTLE STEPシリーズでは初の150ccクラスのオートバイ用ステップとなります。

【チェンジ側】

【ブレーキ側】

「あれどこかで見たことが有る形のステップ?」

お気付きになられた方は前回の開発ブログをじっくり読んで頂いた方だと思います。

そうです、前回の開発ブログで紹介しました【GIXXER SF250/GIXXER250】用とプレート、ペダル等の主要パーツは同じです。ただ、主要パーツ以外の細かい部分は【GIXXER150】専用パーツになります。

身長166cm(股下は内緒です)の人間が跨ったらこんな感じです。

上が「純正ステップ」下が「WR’Sステップ」。

「純正位置が少しのんびりしているな~」と感じていらっしゃる方にはもってこいのポジションだと思います。あと、個人的な感想としてはステップ位置が上になるのでふくらはぎでサイドカバー部、膝でタンクとバイクを挟みやすくなった分より安定感が増したと感じました(身長166cmの意見です)。

あと、ステップの位置変更とは別に操作感の向上を感じてもらえます。ステップ部分はバイクに乗る上で非常に大事な操作機構だと思います。特に足で操作するので手ほど細かい動きも出来ませんしブーツや靴をはいているのでダイレクトに感じられません。また、操作時に当然目線も足元にはいかないのでよりライダーの思った通りの動きと操作感が大事だと思います。

純正のチェンジペダル部はどの車両も遊び(ガタ?)が大きいです。その中でも【GIXXER150】はチェンジロッドの固定部が前後共に割ピンの為、他の車種に比べても特に大きいように感じました。この遊び(ガタ?)が大きいことが理由でギアチェンジ時の「グニャ」っとした頼りのない操作感になってしまいます。また、純正チェンジロッドは単純な棒状で細かいペダルの高さ調整ができません。

そこで、ステップをアフターパーツに交換することで余分な遊び(ガタ?)が無くなることと、ステップ自体の剛性があがることでギアのアップ、ダウンの操作時の力の分散を防ぐことで「カチ!」っとギアが気持ちよく入る感触を感じて頂けると思います。また、チェンジロッド先端部が前後ピロボールの構造になるのでペダルの細かい高さ調整機能がプラスされると共に余分な遊び(ガタ?)が無くなることの一端を担っています。

次回は、このステップを「’20~GIXXER150(2BK-ED13N)」へ装着した適合確認結果と定価等も併せて報告出来ればと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中